Snow Mobile 情報

会津布引高原


2018.12.20 2017.12.16 2017.12.05 2017.05.03 2016.12.17 更新歴 in fukushima

   無料カウンター

連絡用の掲示板を開設しました最下部からクリック願います。

連絡用掲示板

“速報2018” 今シーズンのスノーモービルが開始されました、

2018年12月20日(木)より以下の2ヵ所が同時走行可となりました。

岩瀬郡天栄村羽鳥黒沢地区〜安藤峠経由〜会津布引山スタート

岩瀬郡天栄村羽鳥更目木(
ざらめぎ)地区〜馬入(ばにゅう)峠経由〜隠津島(おくつ)神社前経由〜会津布引山スタート


昨年の開始日は2017年11月25(土)より北塩原村のスカイバレーでスタート 

以下の写真は2018/12/20及び2017/12/06撮影

 天栄村羽鳥黒沢地区

天栄村羽鳥黒沢
 天栄村羽鳥更目木地区

天栄村羽鳥更目木

昨年よりも21日遅い走行となりました、現在黒沢地区で積雪30cm程度、更目木地区は幾分標高が低い制か15cm程度と若干少なく一部露出している箇所が僅かにありました、それでも馬入峠の坂付近に差しかかると30cm前後の積雪となっておりました、今年はヤマハS340ナンバープレートを取得し公道走行致し約30kmのテスト走行致しました。 今から約26年前のモービルをあちこち修繕を加え現役復帰をなし遂げました、走行結果、オイルの噴出量が多い、そして駆動ベルトの劣化に伴う滑りが15km超えた頃から発生し、速度を下げ再加速時にベルトの滑り音が発生、Vベルト交換が必要と判断、他はほぼ快調で、新設したグリップウオーマーは大変よく利き、暑すぎて途中でスイッチを切ったくらいです。
 山頂から望む桧原湖

白布峠
 魅了致す樹氷森

白布峠

 白布峠

白布峠
 
白布峠の県境駐車場

白布峠県境
 
白布峠の全景

白布峠県境
 
山形県側にある西吾妻トンネル

西吾妻スカイバレートンネル
 
白布峠最大の難所である吹き溜まり

白布峠
 
山形県側は格段に雪が多くパウダースノー

白布峠
 
 スノーモービルマシンの選び方(特に初心者は必読)

 
スノーモービルを運転して一番辛いのがスタックです、スタックとはモービルが雪の中に埋まってしまい自力脱出不能になる事を指します。
何故スタックに陥るかと申せば幾つかの要因が御座います。

1 クローラ(キャタピラ)の長さが短いモービル、長さのサイズはインチ表記で121インチ〜最長174インチに及ぶモービルがある、基本長い程スタックはし難いがその分逆に小回りがしにくくなり、林間などに入る程苦しくなる。

2 クローラが回転する事で路面を引っ掻く桁(ラグと謂う)の長さが短いもの程スタックし易い、サイズはすべてインチで表記、1インチ当たり2.54cmで高さのあるラグ程蹴る力が増すのでスタックし難い、ラグの種類は0.25インチ〜3インチを超えるものもある。

3 軽いスノーモービル程スタック時の脱出は容易で、重いマシン程脱出が難関を極める、マシンにはエンジン重量の軽い2サイクルエンジンとエンジンの重い4サイクルエンジンの二種類に選別される、2サイクルの特徴としてエンジン重量が軽く瞬発力が抜群である、しかしガソリンが滅茶苦茶食う、そして2サイクル特有のオイルとガソリン混合で走る為、エンジン内部やマフラー等のエンジン全般が非常に汚れつまりやすい、特にキャブレータ等のガソリン循環系がどうしてもつまる為、自身で分解しオーバホールをマメに行わなければいけない、出来ない方は整備に出す他ない、また一般に2スト車は4000km前後走るとエンジン内部のピストンヘッドやシリンダー内部に金属傷が付き易く、仮にそれらを修理するには多大な修理費がかかる、せめてガソリン循環全般の清掃が出来ない方は一々修理に出さなければ維持が厳しい、その様な経費面での欠点も付き纏う。

一方4サイクルエンジンは如何せん瞬発力に掛ける為、それらを補うために排気量を大きく致す必要がある、例えば2サイクルエンジンが800ccに対し4サイクルであれば1000ccあるいはターボ搭載などで瞬発力を近づけている、また4サイクルエンジンの構造上、エンジン内部にオイルが満たされている等どうしても重く250kg後半から300kg超えと重い、重ければスタックもしやすくなる、反面かなりガソリン面では節約できるしエンジンメンテナンスが楽である、シーズンオフでしばらくエンジンを掛けなくともかかり易い、この様に合反した面が浮き彫りとなる、これを踏まえあなたはどちらのマシンを選択するか甲乙つけ難い。
私のお進めとしては、ある程度の技量やエンジンメンテに明るい方ならば維持の難しい2サイクルエンジン、それ以外の方なら4サイクルエンジンをお勧め致します。

4 運転技術を身につけなければなりません、基本は搭乗時間と様々な場所を走行しながら身に付ける事となりますが、その前に基本的な運転操作を身に付けませんと中々上達致しません、そこそこ運転技術のあるライダーと同行するか、ヤマハスノーモービルランドでスクール受講するなど、

5 モービルを運転する時の持ち物、これは必ず怠ってはいけません、仮に準備を忘れたら一旦家に戻るか、その日の走行を取りやめるくらいの精神力が必要です、それは大怪我や事故、そして凍死につながるからです。 主な持ち物と準備するものとして、換えの
下着・靴下・予備の手袋、モトクロス用のヘルメットゴーグル、ヘルメット下に被るデストロイヤー型のマスク、最後にタオル最低2枚、背負い型のリュックサック、折りたたみ型のスコップ、携帯用ガスボンベ一式、非常食用のカップヌードル、携帯用の手ノコギリ修理工具、最低限必要不可欠な持ち物です。 万一これらの一つを持たずに走行した場合どうなるか? 例えばヘルメットやゴーグルを忘れた場合、雪の重みで木々が垂れ下がり走行中突然目の前に現れ避けきれず『目』に直接当てて仕舞う、失明に繋がる大事故へつながります、運転未熟によるモービルスタックを繰り返すと掘り出す為にスコップが絶対必要となります、スコップを忘れたら現場から脱出はほぼ無理なため大変危険な状況となります。 また多大な体力消耗を招くばかりか、脱出させる為に力を振り絞り、沢山の汗をかく為に下着・手袋等がぐちょぐちょになります、替えがなければ後に冷えて耐えられなくなり危険な状況を生みます。 常に万一を想定すれば最低限の食事や温める為のガスボンベ一式は必要不可欠です、けして冬山を甘く見てはいけません!! 

 2017年11月〜2018年04月迄のモービルコース情報

 ※ その前に!! 以下の掲載情報内でスノーモービルを運転した場合はすべて自己責任です。 如何なる場合でも当方は一切責任を負えません。 


 冬季閉鎖中公道で運転された場合、スキー場内も、冬季区間閉鎖中の国道も、公道から完全に隔離されていれば、免許そのものが要らないでしょう。 ただ、国道だと、冬季区間閉鎖中であっても、現実的には完全隔離ではない場合が多いので、免許(大型特殊)が必要になります。 そして、どちらもその場所を走る為には管理者の許可を取る必要があります。 特に国道の場合は、閉鎖中なのですから走る事自体が問題で、国土交通省または警察に許可を求める必要があるでしょう。 誰かを有償で乗せるのでなければ1種、有償旅客運送を行うのであれば、2種免許が必要となります。

 尾瀬国立公園内のスノーモービル立ち入り禁止区域 範囲は不明だが磐梯朝日国立公園内にもモービル立ち入り禁止区域がある様だ

 以下過去のスノーモービル事故

 ◆鳥海山遭難事故

 【2日】
 9時ごろ、秋田、岩手、山形3県の計16人がスノーモービルで2ルートに分かれて入山
 正午ごろ、祓川ヒュッテ(5合目付近)で8人が合流、昼食。
他の8人は吹雪などのため途中で下山
 17時2分、山に残った8人が「今日は穴を掘ってビバークする」と下山した仲間に携帯電話で連絡。
その後、家族にも連絡
 19時4分、下山した仲間が矢島幹部交番に通報

 【3日】
 8時半ごろ、遭難者から
「全員無事。吹雪がひどいから(救助に)来ない方がよい」
と連絡
 11時13分、警察や市山岳救助隊などの捜索隊16人がスノーモービル14台で出発
 正午ごろ、遭難者がヒュッテに避難
 13時17分、天候不良のため捜索中止決定

 【4日】
 6時50分、遭難者から下山した仲間へ
「8人とも大丈夫だが、携帯のバッテリーが尽き始めた」
と連絡
 7時28分、捜索隊22人がスノーモービル18台で出発
 8時56分、捜索隊から本部にヒュッテに、10台が到着して遭難者の無事を確認したとの連絡
 9時10分、遭難者が捜索隊のスノーモービルに乗って下山
 10時半、遭難者が本部のある宿泊施設に到着
 11時ごろ、帰還した遭難者が記者会見。
会見後、全員帰宅

 2003年 3月17日 北海道・中標津
 スノーモビルのドライバー、雪崩で死亡
中標津のサマッケヌプリ山頂直下の南斜面で雪崩が起き、30°の斜面が表層雪崩で70m幅で落ち300m近く流されたようです。2台で登って上の1台がおこした雪崩に下のが巻き込まれた形だそうです。
救出は一緒にいた人が掘り出し、麓まで助けを呼びに行ったようですが、その後他のパーティーが途中まで搬出たところで消防署の救援部隊と合流。被害者は搬出までは意識があったものの、病院についた頃には心肺停止だそうです。
ご冥福をお祈りします。
林道端の山といえども冬山は侮る事なかれ、ということでしょうか。
気をつけていきたいです。

 2002年 1月27日 岩手・遠野
 東北地方などで暴風雪となった27日夜、岩手県遠野市の荒川高原(1072メートル)でスノーモービルをしていた男性2人が行方不明になった。
県警山岳救助隊などが28日未明から捜索し、同県宮守村達曽部の会社員佐藤辰也さん(37)を救助したが、花巻市栃内の会社員高橋光彦さん(39)が昼過ぎ、遺体で見つかった。
遠野署によると、2人は27日午前10時ごろ、スノーモービル2台で荒川高原に向かったが、頂上付近でスノーモービルが雪に埋まって動かなくなったらしい。2人は、木の根元などで風雪をよけて一夜を過ごしたという。この日深夜に佐藤さんから携帯電話を受けた友人が通報した。

 2001年 1月26日 渡島管内大野町の木地挽山(きじひきやま)
 スノーモビル転倒、大野の男性死亡
午後二時ごろ、渡島管内大野町の木地挽山(きじひきやま)付近の原野で、同町南大野二一四、同町職員岩本秀雄さ
ん(49)のスノーモビルが転倒、岩本さんはスノーモビルの下敷きになり、全身を強く打って間もなく死亡した。
同乗の男性は足などにけが。函館中央署は、岩本さんが二人乗りのスノーモビルを運転して緩やかな斜面を走行中、バランスを崩したとみて調べている。
同署によると、岩本さんは休みを取って、仲間三人と午前九時ごろから付近でスノーモビルを楽しんでいた。

 1996年 1月12日 暑寒別岳山系
 仲間11人と、スノーモビルで暑寒別岳に入山していた留萌市の会社員が、スノーモビルを運転中に立木に激突。携帯電話で通報を受けた札幌市の道警本部から出動したヘリに救助され入院した。
空知支庁公園管理事務所によると、事故現場は乗入れ規制区域内だったと思われる。

 1995年 12月31日 浜益御殿
 12月30日に増毛町側から、スノーモビルで暑寒別岳へ入った5人のグループが、一時行方不明となった。
5人は冬山装備を持っておらず、悪天候のため帰路が分からなくなり、雪洞で2日間ビバークした。スノーモビルが新雪で動けなくなったため、1日に2名が徒歩で下山中、捜索隊に発見された。
(彼等の入山した、浜益御殿付近を含む暑寒別天売焼尻国立公園の一部は、乗り入れ規制地域に指定されているが、ほとんどその件に関しては非難されなかった。)


 安藤峠YAMAHA RX-1 

天栄村羽鳥黒沢方面 ← 安藤峠 1027m → 会津若松市湊町方面

安藤峠YAMAHA RX-1

2016年4月の ”安藤峠“ 1027m

 
福島県内で乗れるモービルコース

 ”朗報” 2018年12月20日(木) 会津布引山 モービル走行開始




 場    所


 詳細な場所等は地名をクリック、GooglMapリンク先で確認して下さい、またライブカメラは付近のリアルタイム映像です。

  
走 行 期 間


 
磐梯吾妻レークライン


ライブカメラ

 
 秋元湖の金堀地区から、またはレークラインの入口から往復で40km前後 
駐車料金500円、峠の尾根付近には吹き溜まりができ一番難関を要す。 全舗装で全体的に道幅は広いが中津峡谷にかかる橋も見応えがある。

 12月〜3月下旬

パウダー

 桧原湖畔

BIGベアー

森のうた

ゴールド目黒

西湖畔オートキャンプ

 
 BIGベアーさんのシーズン辺りのモービル駐車料金(預かり)が1台5000円、車で向かった場合の駐車料が一回で500円、トレーラ連結の場合は1000円、シーズン期間内は何度停めても5000円合計10000円の2コース料金制がある様だが、トレーラを引いて数を重ねると駐車料金面でかなり割高となる。 一応無料入浴込、浴槽は大きくて立派だが如何せんぬるすぎる。

森のうたさんのシーズン辺りの
モービル駐車料金(預かり)が1台8000円、車の駐車料金が含んでいます。

ゴールド目黒さんのシーズン辺りの
モービル駐車料金(預かり)が1台5000円、車の駐車は隣の無料県営駐車場利用が原則、ただし余り台数が停められないので8時前でないと満車となる。 モービルはもっぱらワカサギ釣りの足として湖内以外走るコースはない。

西湖畔オートキャンプ場さんは車とモービル合わせて
シーズン12000円

モービルコースはもっぱら桧原湖内か、桧原湖西側の丘陵地となる、桧原全面凍結時期は湖内のほぼすべて走行できる、スピードは楽しめるが精々胡内一周約30kmも走行すれば直ぐに飽きてしまう、ただし初心者向きの練習にはよいでしょう、一方湖畔西側の丘陵地もあるが如何せんコースが短過ぎる、3月に入るとBIGベアーオーナー主催による雄国沼遠征ツアーがある様だ、その後4月には月山遠征ツアーもある様だ、モービルコースと謂うよりは何れもワカサギ釣りに行く出発地としての利用兼軽く丘陵地走行いたす程度、尚、モービルにチャンパー(ストレートマフラー)搭載車は騒音の苦情等で店舗オーナーから駐車拒否されるので注意。


 12月〜4月上旬

湿雪
 
西吾妻スカイバレー


ライブカメラ


  ゆ乃宿清流宿 0241-34-2084 モービルのシーズン中の預かり料金10,000円(マイカー駐車料込) 一回限り駐車料金500円(温泉入浴込源泉かけ流し)  最大標高1400mクラスで峠の尾根が吹き溜まりで越えるのに大変難関を要する、山形県側に入りある程度下るとトンネルが封鎖の為折り返し、全舗装道幅広い。 桧原湖北側の本村地区に桧原ふれあい温泉 「湖望(こぼう)」400円(村内の人200円) TEL:0241-34-2004
近年は4月に入ると雪の多い少ないは別にして除雪作業が開始となる様です。

 12月〜3月下旬

麓は湿雪

山頂はパウダー
 
磐梯吾妻スカイライン


ライブカメラ

  磐梯朝日国定公園内に入る為モービル走行禁止

 12月〜3月下旬
 
金  山

ライブカメラ


  北塩原村金山地区から山形県米沢市綱木地区まで、県内では最も最後まで走れる一つ、またコースが長いので予備ガソリンが必要、道幅は狭くまた雪崩や崖崩れが随所に見られる。 桧原湖北側の本村地区に桧原ふれあい温泉 「湖望(こぼう)」400円(村内の人200円) TEL:0241-34-2004)

 12月〜4月中旬

湿雪
 
旧舘岩村湯の花

ライブカメラ


  湯の花温泉奥から栃木県日光市旧栗山へ抜ける通称田代山線、峠の標高1500m、砂利道だが比較的整備された道である、コースは非常に長いので予備ガソリンは不可欠、何処で折り返すかである、湯の花集落内に共同温泉浴場あり、近所の旅館でチケットが買える300円

 12月〜4月中旬

湿雪
 
桧枝岐村

ライブカメラ

  中土台公園付近から帝釈峠(1600m)を超え川俣湖(栃木県日光市川俣)へ抜ける林道、コースが非常に長いので適当な個所での折り返しが必要、また予備ガソリンは必須、途中から砂利道、道幅は狭い、村営の温泉あり500円

 12月〜4月下旬

湿雪
 
桧枝岐村


ライブカメラ

 七入り〜御池〜新潟県境(金泉橋付近)、県境付近の小屋迄雪下ろしの為に冬季閉鎖期間中モービルで向かう跡が残っている、道幅は狭く全舗装、雪崩後が随所に見られる様だ、尾瀬国立公園内には絶対入るな! 村営の温泉あり500円 

 12月〜5月上旬

湿雪
 
旧舘岩村木賊温泉


ライブカメラ


 木賊温泉から桧枝岐村の国道352号迄、全舗装コースで道幅は広い、車だと通常約30分の道のりだが峠中程にトンネルがあるのでその先は厳しいので折り返しか? 木賊集落内に共同浴場あり300円 

 12月〜4月下旬

湿雪
 
会津布引山


ライブカメラ


 電源開発の風力発電で有名、畑には絶対入らないで!! 碁盤目状に広がった道路がある、県内在住者には近くてよいかも、近年麓入口に鉄製ゲート設置、全舗装だが道は狭い、郡山市福良に市営サニーランド湖南温泉あり300円

 12月下旬〜4月上旬

パウダー
 
天栄村羽鳥黒沢山

ライブカメラ


会津若松市湊町

ライブカメラ


 天栄村羽鳥黒沢地区から会津若松市の湊町の294号国道迄、あるいは会津若松市の東山ダム迄、途中の安藤峠から会津布引山へ抜けることができる、知る人ぞ知る長距離コースで往復最大で約50kmの距離となる、天栄村羽鳥黒沢地区の柿沼林業の約1km先から冬季閉鎖、元々砂利道で道幅は狭くあまり整備はされていない、走行開始後20分前後で安藤峠に差し掛かる、峠を越えてしばらく下ると途中に分岐あり、東山ダム方面と会津若松市湊町の国道294号線へ、分岐点から舗装となっている、猪苗代町の中田浜から国道294号線を超えて会津布引山迄片道25km前後、天栄村羽鳥黒沢地区から294号国道迄が17km前後
 12月下旬〜4月上旬

パウダー
 
西郷村赤面スキー


ライブカメラ


  知人の話に寄れば、つぶれた跡地に入りモービルを運転したそうです。一応バリケードで通年を通し囲いあり、その昔スキー場がオープンしていた頃何度も滑った経験はあるが、モービルはどうなんでしょう。 村営ちゃぽランド温泉17時迄600円 17時以降400円

 12月下旬〜3月中旬

良質パウダー
 
 八溝山


ライブカメラなし


  栃木県・茨木県・福島県の三県に跨る八溝山、標高1021mの山頂へ通じる道路、特に福島県東白川郡棚倉町中ノ沢側から登る道路は比較的北向き斜面に当たる事から一度雪が降ると中々溶けにくい、冬季間は中ノ沢の麓から閉鎖となる。 棚倉町中ノ沢ある程度登ると栃木県側から通じる道路と合流いたし、その後茨木側から道路と合流いたし、山頂へと続く、道幅は然程広くはないが全舗装コース

 12月下旬〜3月上旬

良質パウダー
 
月  山

ライブカメラ

 
志津温泉にある
清水屋が詳しい 0237-75-2211 素泊まり5000円〜あるらしい 何処のコースも雪が消えた頃シーズン収めに向かう愛好家が多い、月山はマナー制限区域なので先に調べる必要がある。
 
 12月〜5月上旬
 
以上知り得る範囲で掲載してみましたが、冬季閉鎖の有料道路あるいは冬季閉鎖の林道および県道・国道、あるいは私道も含みます。 いつ関係団体から閉鎖されるか全く解りりません、また侵入した場合のすべてはご本にの自己責任です。

 
 格安 ドライブベルト 
最安値で購入
 日本国内のヤマハ取り扱い店を通して購入しますとどうしても倍額近く致します、しかも必ずしもお住まいの近くに取り扱い店があるとは限りません、またあったにせよ’ドライブベルト購入に限らず「部品番号」が解らないと発注が出来ません、スノーモービルに置き換えますと特殊な乗り物となる為一般にあるヤマハ販売店(街中のXX輪業)クラスですと殊更要求され面倒で値引きも一切ありません、それでもスノーモービル専門販売店であれば対応はよいと思いますが、上にも書いた様に1本のドライブベルト購入に倍額も支払う事になります。

対アメリカ・イギリス・ドイツにはスノーモービル仕様の純正品・OEM製品のドライブベルトが常に安価で売られております、程度の良い中古ベルトから新品ベルトに至るまでしかも各モービルメーカーが挙って豊富な品揃いです。

そこで目をつけた購入方法が、誰でも簡単に購入できる日本語対応の
「セカイモン」ですリンクを張って起きます。


  古いドライブベルトは何時切れるか解らず大変危険です、シーズン当初は一旦外してベルト内の特に内側を開いて念入りな「ひび割れ」のチェックが必要です。 万一予備ベルトが無かったら仲間のモービルでけん引するか、難しければ現場に放置せざるえません、そして仲間のモービルに乗車して帰るか、最悪1人ならば歩いて帰るしか手段がなくなります、それはとても危険に繋がりますので侮れません。 例え予備ベルトがあったにせよ、交換には滑り止め用の手袋や、機種によってはベルト側のカバー一帯を外す必要があって、ドライバーやソケットレンチ等が必要になることもあるので絶対に気は抜けません。 規定工具等の常備搭載も欠かすことは絶対にできません。 命に係わります。

 ヤマハドライブベルト8DN  ヤマハドライブベルト 亀裂
YAMAHA  ヤマハ 8DN-17641-01   ヤマハ 8GK-17641-10
YAMAHA ヤマハ 89L-17641-01   ヤマハ 89X-17641-01
     
ヤマハスノーオイル     ヤマハ 4サイクル スノーオイル 品番R-FORCE 0W-30 最安値のリンクを張って起きます。


※ ワンポイントアドバイス 購入致す時期として8月〜9月中旬(彼岸頃)迄に買求めるのがコツです。 この時期が一番値下げを致し赤字覚悟でも販売する時期です。
おそらく昨年に仕入れた物が売れ残った等の理由がある様に考えられる、最安値だと2,600円(送料込み)位まで値下げします。 しかし10月に入るとそろそろメンテナンス等で購入者が増える見込みがあるのでドンドン正規料金に向かって値上げが続きます。


http://kakaku.com/item/S0000195530/

4サイクル用のヤマハ純正 オイルフィルター ヤマハ純正品 MC-560 品番5GH13440−00/30
社外品 DAYTONA(デイトナ) 67923 KIJIMA(キジマ)105-509 VESRAH(ベスラ) SF-4005 ※一番安かったのがアマゾンでデイトナで¥870円送料込でした。

http://www.aquaworld-d1.com/index/marine_goods/om_parts/oil_filter/05_sm_chart.htm

ヤマハ RX-1兎も角狭く大変作業がし難いモービルです、オイルフィルター交換は下記を見ると良いですね。

http://blogs.yahoo.co.jp/ogmt99/38330994.html
https://joyfulhonda.jp/img/ec/joyful/pdf/nirin_katarogu.pdf
https://www.monotaro.com/g/00275905/


 海外から取り寄せるモービルの各種部品や必需品

Parts-Online-shop  2017版スノーモービルアクセサリーカタログ

 
以下は連絡用の掲示板を新設しました、日程調整やコンデション情報にご使用下さい。

連絡用掲示板


 軽自動車で牽引トレーラをけん引致す場合の車検証登録のやり方

※ 牽引トレーラ購入をお考えの方是非上記リンクページ内をじっくり読んでから購入されて下さい、先走って購入致しますと売る羽目になりますので!!