PSA(旧NSO)/DFA申請にあたり よくある質問・疑問 Q&A

改正 2013.11.01 2014.02.08 2014.04.29 2014.08.28 2015.09.26 2017.05.25 2018.09.01 2019.01.22  
無料カウンター


NSO各種証明書の代行取得及びフィリピン外務省(DFAレッドリボン付)代行認証サービス
その他日本語・英語・タガログの各種翻訳サービス受けつけ。


日本国内受付先 住所 福島県西白河郡矢吹町大池 12
フィリピンPSA(旧NSO)/DFA 日本代行取得サービス 受付担当者名 原 来偉蔵


相談・お問合せ 月曜〜土曜 10:00〜19:00迄 080-3339-1445 (休日 日曜 祝祭日 年末年始)


フィリピン人との結婚、裁判、離婚、認知(胎児・出産後)、再婚、相続、配偶者の連れ子、死亡、国籍等の手続きでお困りのご相談は、有料相談5,400円(一案件のみ) 複雑な問い合わせは10,800円(2時間以内) また休日.祝祭日のご相談は10,800円を申し受けます。 

秘密保持の為、相談者は原則当事者一名で同行者は認めません、正し別途追加料金を申し受けた場合、あるいは当方が認めた場合に限ります。

 
 
1 申請にあたり依頼者は何方でもよろしいのでしょうか?

 はい、申請者当人他、必ずしも法定代理人の日本人夫(妻)でなくともかまいません、
例えば、妻がフィリピン人で日本人夫が亡くなった方の兄弟、あるいはお付き合い中のフィリピン人の彼女に対する日本人でもかまいません、何らかの理由で接触のある方がご利用致しております。


2 必ず申請に際し必要な情報および有効期限内パスポート見開きページコピー提出ができない場合は申請はできないでしょうか?

 はい、原則有効期限内パスポート見開きページコピー提出が不可欠です、しかし何等かの理由で、パスポートが期限切れになっている場合に限って、当社が人道的な配慮が必要と判断した場合に限り受付いたします、その場合期限切れパスポートの見開きページのコピー提出と追加料金を頂きます。

例 以下の場合 代行申請作業料金 合計額 52,000円+xxxx円(追加料金) 総合計額 xxxxx円
 NSO(フィリピン国家統計局) 出生証明書12500円×1部 独身証明書14500円×1部 
 DFA(フィリピン外務省認証) 出生証明書12500円×1部 独身証明書12500円×1部

 
3 自身でPSA(旧NSO)へ出生証明書を申請しましたが、発行を受けられませんでした、日本で暮らす以上必ず使う為どうしたらよいか困っております。

 
在日フィリピン人が自身の出生証明書を申請されたのにも関わらず発行なされない場合は、それなりの理由があるからです。 是非有料相談をお申込み下さい。

 
4 現在私は日本人夫と結婚いたし幸せに暮らしていますが、元々今の日本人夫と結婚以前にフィリピンで結婚(重婚)しており、今の日本人夫にも知らせてなく内緒となっております。 今の日本人夫とは不正な手段をもちいて日本人夫と結婚時に新規に出生登録(出生証明書得る為に)を起こし新たな独身を装って結婚してしまったのですが、今後どうなるでしょうか?


是非有料相談をお申込み下さい。


5 申請情報を正しく入力いたし申請依頼しましたが、申請者該当なしの証明書が発行させてしまいました。

 これは、誤った情報に基づいて申請依頼をしますと、PSA内部登録コンピュータ上で繁栄しない為見つからず、従って申請該当者なし証明書が発行されて仕舞います。 ただし、代行申請はあくまで依頼者から頂いた情報を基に取得代行作業をいたします関係上、既に作業料金は発生しています、また、通常自身の名および姓、そして生まれた場所、両親の名前を知らない人はあまりいません、従って(免責扱い)料金の返金はお受けできません。


6 PSA(旧NSO)から取得した出生証明書をDFA(フィリピン外務省認証レッドリボン)へ再申請いたしましたが、外務省担当官より出生証明書が汚く見えない為、出生登録地役場から登録原本のコピー(フォーム1-A用紙)を取得しDFAへ持参する様宣告された。

是非有料相談をお申込み下さい。

 
7 結婚していたフィリピン人妻が長年両親に対し送金していたが、つい先日亡くなったにもかかわらず繰り返し送金していたので、おかしいと思い、もしかしたら重婚しているのか疑わしく思えてならない。

是非有料相談をお申込み下さい。

 
8 インターネットができない、あるいはパソコンがないので電話での申請受付は可能ですか?

 残念ですが原則電話での受付ですとスペルミス等生じ、最悪それが基で該当登録者なしとなる恐れが生じることから、原則ホームページ上からの受付となっております。 しかしパソコン操作が出来ずどうしてもと謂う場合は必要情報と申請者の有効期限内パスポート見開きページのコピーおよび署名ページのコピーを一緒に当方が指定致すFAXか、住所宛に宅急便か、郵送でお届けいただければ受付致します。FAX番号 0564-64-1348(事前要連絡は必須、なしはお受けできません)


9 日本人が何等かの事件や急病でフィリピン滞在中あるいは、移住中にフィリピンで死亡された場合、PSA(旧NSO)から死亡証明書を取得することは可能でしょうか? 

是非有料相談をお申込み下さい。


10 フィリピン人との間に子供(隠し子)がおり、フィリピンにいる子供(実子)の日本国籍取得を日本の管轄法務局で手続き中ですが、フィリピン渡航暦、つまりフィリピンへの出入国記録の提出を求められましたが、取得は可能でしょうか?
 
 はい、当社を経由いたしフィリピン入国管理局公認弁護士に依頼をかけ受け付けております、取得まで概ね1ヶ月以上のお時間を頂いております。 費用はペソ請求となりますが為替の変動やフィリピン物価による弁護士への依頼料金が常に変動する為、一旦お問い合わせ下さい。 080-3339-1445


11 日本人がフィリピンで死亡した際にPSA(旧NSO)から死亡証明書を取得したのですが、日本で相続に使う為フィリピン外務省認証(レッドリボン)を付ける様、日本の法務局担当官から提出を求められました。 

是非有料相談をお申込み下さい。


12 そちらの申込みサイトからPSA(旧NSOフィリピン国家統計局)およびDFA認証(フィリピン外務省)へ申請依頼を申込みましたが仮受付となって返信メールが届きました、仮受付とはどう謂うことでしょうか?

 仮受付とは、申請者(原則フィリピン人)に対し、依頼人はフィリピン人および日本人(法定代理人、及び知人、恋人、親子、義理兄弟)であっても、きちんと所定情報をご入力頂ければ受付いたします、しかし、申請には必ず申請者のパスポート提出が必須な為、無い場合は原則受付が出来ません。 ただし期限切れパスポートの更新時に限り人道上の配慮で受付致す場合が御座います、ご相談願います。

申込み後、銀行営業日3日間以内の入金迄が仮受付期間となります。
万一仮受付期間が過ぎて仕舞った場合は、自動的に仮受付はキャンセルとなります。 また仮受付後の再仮受付はお受けいたしますがペナルテー料金3,240円の加算となります、再々仮受付は致しませんのでご注意下さい。


13 当社を返し在日フィリピン大使館および領事館への代行申請も可能でしょうか? 

 当社はフィリピン本国でのPSA(旧NSO)公文書取得(フィリピン統計局)およびDFAレッドリボン認証(フィリピン外務省認証)の代行取得を目的としており、在日フィリピン大使館および領事館への代行申請は行っておりません、ただし、パスポート更新、出生届け、婚姻届、再婚等に関する戸籍謄本や除籍謄本および各記載事項証明書等の英訳業務を行っております関係上、各申請に関する必要な書類をお教えいたすことは可能(電話有償サポート)です。ただし、当社を通して本国PSAやDFAから公文書を取得された場合は無償でお答えいたします。


14 レットリボンは在日フィリピン大使館および領事館から取得できるのでしょうか?

  レットリボンは本国フィリピン外務省が認証した公文書のことを指します。 在日フィリピン大使館あるいは領事館は比国外務省の在外公館に該当いたし、レットリボンの発行権限が委ねられておりません。 従って何等かのフィリピンから持参した各証明書にレットリボンをつける様要請された場合は、本国フィリピン外務省へ態々持参してレッドリボン交付を受けなければなりません。


15 PC(パソコン)がないため、携帯メールからも申込できますか?

 できるかぎりPC(パソコン)メールを用いてお申込み願います。 しかし携帯メール以外所有がない場合は、必ずPCメールから受信可能な設定へ変更されてお申込み願います。 万一怠りますと重要連絡等も含め連絡が遅れ障害が出ますのでご注意願います。


16 比人妻の兄弟や親族を通じて出生証明書ならびにセノマー・婚姻証明書等を取得した物が手元にあり、日本語翻訳をお願いしたいのですが?

 その様な場合は一旦お電話を頂いた後に翻訳希望の証明書をスキャンか、携帯・デジカメ等で鮮明に写し、当社指定のメールへ添付して頂きます、翻訳料金および証明書の発送費用は前金となります、当社指定の銀行口座へ予めお振込頂き、入金確認後翌日から翻訳作業を開始させて頂きます。


17 比国で婚姻届出された市役所を間違えた、正確に覚えていない、或いはたぶんこの市役所だろう? と思っていた事による勘違いが起こっております。

 原因は比国で結婚された時、フィリピン人のみのスタッフしかいない婚姻業者へお願いされた為、日本語での事後説明がよく伝わっていなかった様に見受けられます。 

是非有料相談をお申込み下さい。


18 日本国内でフィリピン人と婚姻しましたが、フィリピン本国PSAの婚姻証明書提出を求められ、どの様にしたらよいのか困っております。


是非有料相談をお申込み下さい。
 
19 パスポートは所持しているが、自身の出生証明書登録がPSA(旧NSO)にあるかどうか不安な場合の申請方法

 主に2008年以前に来日をされたフィリピン人で、出生証明書を何等かの形で偽造あるいはPSAへ都合よく改ざん致し重複登録を行い、本来の出生証明書を提出できない方のご子息(連れ子さん・養子縁組者)に多々見られています。

殆どの場合、本来の出生証明書を偽っている為に所持なされているパスポートとの相違が生じます。
しかしご子息はフィリピン人親から聞かされていない為、その事実はまったく解りません。
そう謂ったご子息がやがて結婚や帰化(大半を日本で育っている為)の手続きを期に、出生証明書・独身証明書および外務省認証等手続き上必要な証明書をPSA(旧NSO)より取得手続きを起こす事で、問題が生じます。

是非有料相談をお申込み下さい。

 20 偽造出生証明書を基にパスポートを作成いたし来日を図っていた事が判りました、しかしそれにも関わらず何故長年に渡ってパスポート更新ができていたのか理解できません。

 回答する前に関わる日本人は誤った解釈をしております

 パスポートの更新が長年できた正規取得したパスポート だからではありません

是非有料相談をお申込み下さい。


 21 フィリピンパブで知り合ったフィリピン人と恋愛関係となり妊娠・出産させて仕舞いました、既に出産し管轄の市役所へ出生届け出を行いましたが、独身女性どうか解らない為、受理されません、その制で出生児は無国籍状態のままで、しかも医療保険も入れず大変苦しんでおります、母親がフィリピン人の為フィリピンの事を聞かれてもまったく解らず、何をどの様にしたらよろしいのでしょうか。

 通常日本の市役所へ出生届けをなされると、日本人の他に外国人でも受付を致します、ただしその時に出産された母親が独身か既婚者か公けな証明書の提出を求められます。 それはまだ入口の初歩的な手続きでその後続く作業が非常に複雑且つ難しい処理をしなければなりません、個人では何処からどの様に手続きを進めたらよいかすら検討がつきませんので、是非フィリピンに詳しい専門家の当事務所へ有料相談の中の特殊扱い(複雑なご相談10,800円税込み)をご依頼されて下さい。



 各種申請料金 出生証明書申込 婚姻証明書申込 CENOMAR申込 死亡証明書申込



 日本国内受付先 住所 福島県西白河郡矢吹町大池12
PSA(旧NSO)/DFA/各種翻訳/日本代行取得サービス 担当者名 原 来偉蔵

相談・お問合せ 月曜〜土曜 10:00〜19:00迄 080-3339-1445 (休日 日曜 祝祭日 年末年始)

フィリピン人との裁判、離婚、認知、再婚、相続等の手続きでお困りのご相談は、
有料1相談5,400円(概ね2時間以内) 複雑な問い合わせは10,800円(概ね2時間以内