チャレンジしよう日本の運転免許取得 無料カウンター

 前置き: 

 在日フィリピン人および中国人のビザは配偶者等のビザ、あるいは、定住者ビザ、そして永住ビザの3種類に分けられるが、在日外国人の場合は日本人と同等の扱いとなる為、フィリピンおよび中国の国際免許証で日本国内で運転するには日本を出国後通算3ヶ月以上滞在しなければ日本国内で運転することはできない規定へ改正されている。 発見されれば直ちに無免許運転となる。

 最近、フィリピン人および中国人の国際免許による運転で捕まる事例が年々多くなって来ました、無免許運転となるため処分はそれなりに大変です、既に2006年から道交法が改正されてからしばらくたっておりますので、配偶者の日本人夫が知らなかったでは済まされません。

 例えば、フィリピンや中国国内運転免許証を日本運転免許証へ切り替えをする事(外免切り替え)が望ましいが、現状外免切り替えを行った事例は極めて少ない、殆どが各都道府県運転免許センターで切り替え様と申請するが、的確な規定証明書が揃っていても、申請時に免許取得方法について詳しくインタビューを受ける、しかし殆どがそのインタビューに答えられる者はいない、逆にフィリピンや中国で不正免許取得と判断され、運転免許センターから門前払いとなっている。 もちろん一度申請に使ったフィリピンや中国で取得した免許証の番号(アイテムNo)は控えられブラックコートとして登録され、二度と受け付けられる事はない。
フィリピンや中国で取得した運転免許証は日本人およびフィリピン人・中国人問わず該当するので注意が必要である。

 こうした現状を見ると、フィリピンや中国の運転免許証を態々里帰りして取得する意味は殆どなくなっている、滞在費用、滞在期間、取得までの労費すべてが無駄となる、それでも知らない人は未だに取得する日本人およびフィリピン・中国人がいるので再度注意を促します。

 こうした手間隙をかけるのであれば、難しい関門だが日本運転免許証へチャレンジいたし正々堂々と取得して欲しい者である。
そうした支援を致す為に、当ホームページとして試験を受けやすい環境を提供するために、態々英語版の運転問題集を掲載することにしました。

 日本の運転免許試験で不正続発 運転免許試験場に電波遮断装置設置へ

 300人が不正取得か,中国人グループの運転免許カンニング


 フィリピン人の日本での自動車免許取得について

 合格迄の道のり:フィリピン共和国 東ネグロス州 バヤワン市 出身 36歳(合格時年齢)

 妻が初めて手にした日本の運転免許証を見た時はなんとも言えない喜びと安堵、そして解放感に浸った者です。 よくやったの連発が幾度も口から出る程喜びに溢れたのを覚えております。 今振り返って見ると免許取得までに約9カ月と11日、本当に気苦労の絶えない日々を改めて思い浮かべます。
2013年2月道路交通教育出版株式会社発行の英語版で日本語と英語の併用表記(ローマ字読みがな付)を手に入れ勉強を開始、2月〜4月中旬にかけて時間をかけてみた、4月中旬以降になって県運転免許センターで初の仮免学科試験のみにトライ、なんと「33点」だった、それから数えること仮免試験15回まで片道2時間以上かかる県運転免許センターへ試験に通ったが、妻は実技を伴わないので(自動車学校入学がない状態)実技から見えてくる試験内容がわからず理解度を超えていると云うことで、6月中旬ついにドライビングスクールへの入校を決断する。

 ドライビングスクールへ入校した者の学科に関してはまったく「ちんぷん かんぷん」特に英語専門に教える先生がいることもなく、ただひたすらに学科教習に(座っている)参加しているだけ!  これが規定ですか? まるで現実を伴っていない! 実態は授業内容が理解でき様が、出来まいが関係なく進む、正直日本語しか教えられない自動車学校では学科教習料金の徴収はすべきではない むしろ学科に関しては100%自主勉強をするのが暗黙の了解となる、となれば日本人夫が責任をもって英語学科を教える以外ない。 それでも学科料金の差額がないのは到底納得ができない、詐欺の様だ!!
 とは云う者の一旦入校すれば学科及び実技は回数分ドンドン進むが、それに伴って学科はドンドン遅れて行く一方である、そう云う中で7月中旬仮免実技に合格いたし再び県運転免許センターへ仮免学科英語試験へと再挑戦が始まった。(英語や中国語等に関しての試験は自動車学校で受験できない為)
既にドライビングスクールへ入校している為、仮免学科試験の合格期限は3カ月以内限定となる、毎回必死で猛勉強に励むが幾度受けても精々38点止まり、まったくそれ以上が伸びない、 本人も悩みだす、 英語試験を止めて日本語試験にトライすれば教えることは可能、しかし英語のままでは私が教えることができない、妻へ迫ったが、妻は頑なに日本語試験を拒み続けた。

 乗り越えるには二つの選択肢があった、妻が日本語試験を嫌がるのであれば、私が英語試験を教える以外選択肢はない、どちらを選択しようともどちらに取っても過度な負担で極めて難関でしかなかった、しかし方向性を早めに決めないと自動車学校入校後は終了期限があるためドンドン時間が近づいていってしまう。

 問題はこの先時間をかけても実になるか、あるいは挫折か、本免実技合格(卒業)から1年以内に本免学科に合格できないフィリピン人は普通にいるし、実際受験者の中には、「残す期限はあと2週間と有効期限が迫っているフィリピン人もいた」、夫妻で訪れおそらく受験送迎で来ていたと考えられるが、ここまで期限が迫って受からない妻に嫌気を指しているのであろうか?
互いに口を聞こうともしない、また、同じく受験に訪れていたフィリピン人でさえも声をかけ難く、重苦しい雰囲気を感じずにはいられない、

当然だが最後まで合格することはなかった様で、ついに流れていった様であった。
中には合格出来ない妻に当たり、夫婦喧嘩の末フィリピン人妻が家出というのも実際耳にした、けして人ごとではないので有効期限に余裕がある等と思ってはいけないと改めて感じさせられた。

 フィリピン人妻のみの単独(自力)合格者も極多少はいたが、極めてすくないに等しく、むしろ望む方が無理(間違っていると錯覚するくらい)でしょうと改めて感じたくらいでした。
それはこれがけして珍しいことではないからです、また、日本人夫に多いが免許センターへの送迎も必要ではあるが、その程度の協力で受かるとは思わないことです、ひつこいですがけして簡単な者ではありませんし、米語圏のフィリピン人であって英語圏ではないこと、試験は英語ですから、米語と英語が100%同等ではありません、ここに気づくべきです、この部分に特に気を引き締めるのと、英語受験であろうとも私は日本語以外知らないから何もできないと思ったら、そこで停止、

それ以上の結果は当然期待できません。
如何に日本人夫の関与(協力)および直接の指導が大事で、かつフィリピン人妻に癖のある英語問題を教えられるか、ここが最大のポイントであったと思っております。


 苦渋の選択だったが妻に日本語は辛すぎるが解った私は英語試験に協力することを決意、、、、非常に辛く、長く、創造を超えた戦いでした。
英語試験に協力し始めて次々に解ったことは、英語試験とて日本語試験の様に非常に捻くれた問題が出題されていることだった。
知らなかった私は、それまで試験を数十回受けても変わらぬ点数を見ながら、妻(田舎の大卒者)の学力に疑問を持つようになっていた、私が英語試験問題の内容を理解する様になってからは、妻の難関差が互いに共有できる様になった、っと同時に日本人配偶者の関与なしに妻のみの力で合格するなんて極めて厳しいことであることも解ったのである。

 日本人配偶者の関与と言えば試験会場の送り迎えと思う人もいるかも知れないが、そんな簡単な行為ではけして済まない、むしろその程度の協力者なら幾人も見て来たのです、問題は英語試験問題の中身を如何に日本語訳し、どこが勘違いをしているのか、勘違いの部分を正しく紐どきいたし正しく教えることに尽きる。
試験も20回以上も繰り返し受験すると出題問題は全部で幾つあって何曜日にどの問題が出そうか? 

 受験者同士連日出題された問題を尋ねチェックして行くとある程度の出題予想が可能(100%とはいかないが)
出題問題の中でもソコソコ点数の伸びる問題が一つや、二つあってそれを中心に猛勉強をいたし頑張り抜くことである。

 その中でも、得意とする問題のみを数十回受験すると仕舞に仮免45点以上合格が、毎回受験する度に40点を超える様になった。
っと感じる頃から、そろそろ合格が近いのかなぁ! なんとなくイメージがわく様になった。

 長かったが8月上旬遂に挑戦33回目で仮免学科合格

 空かさずドライビングスクールへ戻り卒業迄実技教習を繰り返し9月1日本免実技合格、卒業証明書交付、いよいよ最後の難関中の難関、本免学科試験開始である、
再び本免英語試験にチャレンジ、取りあえず合否や点数は視野に置かず、本免の出題は何パターンあって、どの問題が受験者から見て合格出来そうな問題であるか、仮免受験時でも苦労した様に” 

 これを見極めるのが先決であるため、約2週間休まず受験、すると本免の出題は5つのパターンであることが解ったのである、中でも受験者(妻)に取って比較的点数の高い出題を二つ選ぶことにした、その二つの問題を中心に猛勉強を繰りかえす方法である、本免受験11回以降は、仮に選択した以外の問題とぶつかった場合は無視するが、仮免同様連日出題パターンをチェックしているとある程度翌日の出題が予想できる、それを中心にできるだけ狙った問題を幾度も受験する様に努力する。

 もちろん、妻が覚えている問題はできるだけ書き止め日本語翻訳する様に努力しなければ、その問題が正しいのか誤りか、一切不明のままで、その地味な努力を幾度も時間をかけて戦うしか、合格が見えてこないのである。

 本免開始以後約2カ月中場に入った頃、おぼろげながら狙い続けた問題二つの内の一つが連発して83点台をたたき出すくらい勢いづいてきたのである、本免受験開始以後満2カ月を過ぎる頃から、一番合格へ近い 「狙った問題に中々出会わず、あせり感が出てきた」 のである、

 この日も何時もの様に免許センターへ受験、数時間後私の携帯に突然メールが入った、

 それは妻からだった「今日狙っていた問題が出たよ」だった。

 空かさず、自信はどう? こう返信したが、解らない 私はまた駄目かなぁ? 

 更に時間が経過し発表時間が迫っていた、再度メールが届いた、やったよ” 「パスしたよ」 感謝 感激 こちらまで興奮しちゃった 実に29回目のチャレンジだった。

 試験環境: 

 日本の各都道府県にある運転免許センターでは、現在殆どの都道府県で英語試験が受けられる、受験手続を終えた段階で日本語問題ではなく、英語問題で受験すると告げればよい。

 難関:

 なんといっても一番の壁は自身をもっている英語ならぬ米語に尽きるでしょう、この米語で試験を受ける事が最大の難関へと突入いたします。 謂うまでもなく日本は英語の試験問題であって米語試験ではありません、その為大半の試験内容文の意味は共通と考えて良いのですが、一定の内容に関しては米語で捕らえると誤って答える事になり、これがどうしてもクリヤーできない要因となります。
ポイントは英語と米語の違いを把握することが一番の近道なのですが、「幾ら注意しても聞こうと致しません」 これが幾度チャレンジしても合格できない部分です。
どうやって理解をさせるか? どの様な教え方が理想的か? 散々悩み尽くします。
謂える事はどんなに大変でも我々日本人配偶者の手助けがなければ、まずもって自力合格には結びつきません。
我慢と努力は惜しみませんが、日本人配偶者の英語レベルも問われて来ます、これが欠けている日本人配偶者の場合、フィリピン人同士で毎回試験後に聞きまくりますが、殆どのフィリピン人受験者が間違った答えか、正しい答えか、正確に解かっていません、単純に答えの多い方、つまり多数決で決めて仕舞っている為、幾度受験しまくっても同等の点数以上は伸びなく悪循環を招きます。

 例 仮免試験の結果が20点台 ⇒ 合格までの推定50回以上 30点台 ⇒ 30回以内 40点台が時々混じる ⇒ 15回以内
この様な目明日を参考に、そして努力し続けなければなりません。

 受験間隔は、初回〜10回前後までは数日空けて受験、点数が30点後半〜40点台に突入したら数日空けて受験すると逆に点数が落ちてきますので受験料がもったいないと思っても連日受験に励んだ方が近道です。

 応用: 

 いきなりドライビングスクールへ入校するケースが多々目立つが、しかし運転技術に限っては余計に教習時間を得ることで殆どのフィリピン人がクリヤーできる反面、どうしてもついて行けないのが複雑で紛らわしい学科試験である、そこで多少英語に成れたフィリピン人は仮免許試験を英語試験で望もうとするが、通っているドライビングスクールで英語試験を受験することはできない為に、どうしても各都道府県にある運転免許センターまで行って、英語試験を受験する必要が出てくる。
ところが英語試験とて日本語の様に複雑かつ紛らわしく、誤解しやすい文面だらけと謂うのは一緒で、とても簡単に合格できる粋にはない、
普通でも15回前後のフィリピン人受験者は皿にいるのである。 従ってこの一番の壁をより早くクリヤーする為どうすべきかが課題となってくる。
もっとも固い手法を取るのであれば、ドライビングスクールへ入校する遥か前から(半年前)英語教本で勉強を始め、英語試験問題集を研ぎ解し続け、自信がついたら運転免許センターへ行き幾度もチャレンジすることである。

 ここで勘違いしてはいけないのは、別にドライビングスクールへ入校せずとも運転免許センターで仮免の一発試験と申し出学科のみの試験を受講すればよい、一回の試験料金は3,000円ほどかかる。 もしも仮免学科試験に合格すれば即ドライビングスクールへ入校、当然仮免学科試験は免除となるので進級スピードは極めて早くなる。

 しかし安易な勉強時間ではけして合格とならないので根気強く日本人側近(夫や妻)の手助けが不可欠である、フィリピン人が日本の運転免許証を得ることは大変な苦労が待っているのである。

 また、ドライビングスクールへ入校しないと言うことはどうしても理解できない部分で行き詰まり、幾度試験を受けようとも一定の点数以上は伸びなくなる、この様なレベルまで達したと感じた場合は、ドライビングスクールへ入校した方が進級速度が加速するのでタイミングを計りましょう。

 日本運転免許証からフィリピン運転免許証への切り替えについて:

 日本で取得した運転免許証をフィリピン日本総領事館へ持ち込み英訳の依頼をかけます。 英訳された日本大使館の証明書をつけて交付を受けた物をもって、フィリピン国内にあるLTO(ランド トランス オフィスの略)へセットで持参、在日フィリピン人は即日発行される、日本人の場合ACR−Iカード保持者であって半年以上滞在している者には発行されるが、数日数ヶ月程度の旅行者では拒否される。

 フィリピン人向けの英語版教本

道路交通教育出版株式会社発行

 英語版で日本語と英語の併用表記(ローマ字読みがな付)

 ☆2010年版 ☆☆2011年版 ☆☆☆2012年版

 http://doro-kotu.co.jp/gaikokugo.html

 日本語教室「大館にほんごCOCOの会」発行 タガログ版 

 住所および連絡先 秋田県大館市字大町57 
 TEL.0186-49-8552 FAX.0186-49-8589

 http://blog.canpan.info/odatenihongo/archive/2

 他 トヨタ自動車でも出版しているらしいが、調査中

 試験問題へTRY:有料版は英語試験および中国語試験の選択が可能
 
無料試験問題


有料試験問題
※ 英語版のみ、中国語版は
有料試験を申し込んで下さい。

 まったくの無料ですご自由に

WEB版希望は、4,725円 期限なし

プリント版希望は(送料込み)、5,235円 

お申込みメール


※ メール申し込みされる方へ注意、
携帯メールから申し込される場合、パソコンメール
から受信拒否設定をされている場合が多い為、その
場合、こちらからの返信ができません。万一の場合
連絡先を掲載、
用件氏名は必ず名乗って下さい。

連絡先 携帯
 080-3339-1445
番号非通知はご遠慮願います。
休み 日祝祭日 年末年始 問合せ時間 10:00〜19:00迄